毎月の女子ウィークと向き合うために。

毎月いらっしゃる、あの週。不愉快自分もいれば、加わることに幸運を感じる自分もいます。我々は、最初は前者でしたが、今日では、月の物が来ることをどんと構えて待ってることができるようになってきました。
毎月の月の物習慣が、気がかりだと感じるのは、ナプキンを切りかえるのが苦労だったり、びっちり旅立ちの時に当たってしまって不愉快だったり、また月の物痛が酷くて気がかりだったり、
様々な理由があると思います。私も、月の物が近づいてくるという、ヒステリックになったりして、周りに当たり散らしていたこともありました。また、食欲が増えたり体調不良になる方もいらっしゃると思います。また、月の物が欠けることに不安を感じる方もいると思います。
但し、今の我々は、「月の物よ来い!」ぐらいの気持ちで月の物を受け止めています。なんでそれほど窺えるようになったかというと、何の物証もありませんが、月の物が来るというしるしがあれば、大丈夫講じるんですよね。また、「いざ予定通りです!」という面白喜びもあります。月の物をとらえる結果少しは、毎月の女の子週が楽になると思います。
また、ジリジリしたり不安になったり気にしてしまったりで苦しくなることもあるかと思います。そういった時は、何か集中できる振る舞い、私の件目当てが悪くても酷くなくてもイライラした時は、初めて感じるのを断ち切るように世帯をします。何より食器洗いや洗濯物を畳んだり、ごみ投げ棄てを口実に外の匂いを吸いに行ったり、思いを紛らわせたりして過ごしています。そうやってこれからも向き合っていけたら近所も自分も楽になると思いますので、皆さんも毎月の女の子週が来ることを楽しみにしてみてはいかがでしょうか。安い価格のエクラシャルムは、どこで買えますか?

毎月の女子ウィークと向き合うために。